白い歯

「歯が白かったらいいな~」

このように思ったことはありませんか?

子供の頃は歯は誰でも白かったのに大人になるだんだんと歯が黄ばんできてしまいます。

この理由は、加齢、食べ物、喫煙、虫歯、詰め物、かぶせ物など、いろいろなあります。

もう白くすることは無理なの?

そんなことはありません。今回は歯を白くする方法をご紹介します。

1、ホワイトニング用歯磨き粉で歯を磨く

ホワイトニング用歯磨き粉で歯を磨くと歯を白くすることができます。

ホワイトニング用歯磨き粉は、歯の汚れや黄ばみなどを落とすことにより歯を白くします。

歯を白くする成分としては、

・メタリン酸ナトリウム
・ポリリン酸ナトリウム
・ポリエチレングリコール
・ハイドロキシアパタイト
・シリカ
・重質炭酸カルシウム
・ピロリン酸ナトリウム

などがあります。

2、重曹で歯を磨く

重曹で歯を磨くと歯を白くすることができます。

重曹は炭酸水素ナトリウムのことです。頑固な油汚れなどの掃除などによく利用されます。

歯を磨く時に重曹を少し加えることで、科学的に歯の汚れを落としたり研磨効果が期待できます。

利用する重曹は、食用や医療用のものを使います。

3、ココナッツオイルで歯を磨く

ココナッツオイルで歯を磨くと歯を白くすることができます。

ココナッツオイルのオイル成分が歯についた汚れを浮かしてくれのるです。

また、コナッツオイルには、抗菌作用があるので虫歯や歯周病の予防にも効果的と言われてます。

あと、ココナッツオイルを口に含んでうがいをする「オイルプリング」が流行ってます。

うがいをするだけで、いろいろな健康&美容効果があるようです。

4、歯の消しゴムを使う

歯の消しゴムを使うと歯を白くすることができます。

消しゴムと薬剤のセットになっていて、薬剤を歯に付けてそれを消しゴムでこすることで、
歯の表面についてしまった汚れを落とします。

5、歯のマニキュアを使う

歯のマニキュアを使うと歯を白くすることができます。

歯のマニキュアは、ドラッグストアなどでも売られているセラミック樹脂を利用して歯の表面を白くするジェルです。これなら、自宅で簡単に歯を白くすることができます。

また、歯科医院でしか使われない歯科用の歯のマニキュアもあります。

自宅で使える歯のマニキュアと歯医者さんで使われる歯のマニキュアの違いは、持続期間です。自宅用のものだと、1日ぐらいしか持ちませんが、歯科用のものなら数ヶ月持ちますし、パーマネントタイプだと数年間も持ちます。

6、オフィスホワイトニングを利用する

オフィスホワイトニングを利用すると歯を白くすることができます。

オフィスホワイトニングは、審美歯科、ホワイトニングサロンなどで行う歯のホワイトニングです。

やり方ですが、過酸化水素を歯に塗り、ライトを照射して効果を高めることで歯を白くします。

保険がきかないので料金は高いですが、最近はだいぶ値段が安くなってきてます。ただし、単純に値段だけで選ぶと後悔することもあります。

ですので、信頼できる歯医者さんを選ぶようにした方がいいでしょう。

7、ホームホワイトニングを利用する

ホームホワイトニングを利用すると歯を白くすることができます。

ホームホワイトニングは歯科医院で自分専用のマウスピースを作ってもらいそこに薬剤を入れることで歯を白くします。

一定時間マウスを歯に装着する付けることが必要です。時間としては30分から2時間程度です。また、夜用のタイプもあるので寝ながらホワイトニングもできます。

まとめ

歯を白くする方法7選をまとめるとこちら。

1、ホワイトニング用歯磨き粉で歯を磨く
2、重曹で歯を磨く
3、ココナッツオイルで歯を磨く
4、歯の消しゴムを使う
5、歯のマニキュアを使う
6、オフィスホワイトニングを利用する
7、ホームホワイトニングを利用する

歯を白くする方法といってもいろいろあります。

もちろん、すべての方法はどれもメリットだけではなくデメリットもあります。

また、歯の状態によっては、誰にでも効果があるとは限りません。ですので、自分にあった歯のホワイトニングを見つけることが大事です。

個人的に一番興味がある方法はココナッツオイルです。この方法は、費用もそれほどかかりませんし、安全です。

それに、歯を白くする効果だけでなく健康や美容にもいいのですから、やって損はありません。万一効果がなくても費用が安いですしね。