グリーンスムージーにするとダメな野菜

野菜

「グリーンスムージーって野菜と果物のジュースでしょ何を入れてもいいんじゃないの?」

基本的には、ほとんどの野菜や果物は問題ありません。

しかし、控えた方がいいのは、でんぷんが入った野菜です。

たとえば、

ジャガイモ、サツマイモ、カボチャ、ナス、キャベツ、ニンジン、トウモロコシなど。

これらのでんぷんが入った野菜と果物を組み合わせると、腸内でガスが発生しやすくなります。つまり、げっぷやおならがよく出ます。そして、腸内環境が悪化し、悪玉菌が増えます。

量が少なければ、それほど影響はないと思いますが、でんぷんが入った野菜は、グリーンスムージーを作る時には避けた方がいいでしょうね。

グリーンスムージーにするとダメな果物

「ダメな野菜があるなら、ダメな果物もあるんじゃないの?」

こう思うかもしれません。

基本的には野菜のような食べ合わせはないです。

ただし、オレンジ、レモンなどの柑橘系のフルーツは紫外線を吸収しやすくさせる成分が含まれています。ソラレンという成分です。

ですので、紫外線で日焼けをしたくないなら、これらの柑橘系の果物はグリーンスムージーを作る時に入れない方がいいですね。

まとめ

グリーンスムージーを作る時、何も考えずに作ってしまうと思わぬ落とし穴があります。

ネットで探すといろいろなレシピがありますが、それを利用する前に、「野菜にでんぷんが入っていないか、柑橘系の果物が入っていないか」をチェックするようにすることがおすすめです。

ただし、スムージーに限らず、摂る量が少なければ影響はほとんどないって思いますよ^^。