ミキサーとジューサーの違い

ミキサーやジューサーは、たくさん売られてます。

値段もピンからキリまで。数千円で買えるものから、数万円以上するものまであります。

ですが、ミキサーとジューサーには違いがあるのを知っていますか?

ミキサーとは、食材を細かく切り刻んでミックスする機械のことです。

一方、ジューサーとは、食材から水分の部分を絞り出す機械のことです。

一般的に、グリーンスムージーを作る場合はすべての成分(繊維質、ビタミン、ミネラル)を摂りたいわけですから、ミキサーを使った方がいいです。

ジューサーの種類について

繊維質まで摂りたい場合は、ミキサーの方がよいですが、ジュースだけを飲みたいならジューサーを選びます。

ジューサーの種類は、刃の回転数により2分されます。

一つは、高速回転タイプです。高速で刃が回転して、素早くジュースを作ることができます。

しかし、高速回転して食材を切り刻むために摩擦熱や空気との接触により栄養素が壊れやすいと言われています。

もうひとつは、低速回転タイプです。いわゆるスロータイプジューサーです。ジュースを作るスピードは遅いですが、栄養素が壊れにくくなります。

グリーンスムージーを作るミキサーはなんでもよい

グリーンスムージーを作るミキサーですが、結論から言えばなんでもOKです。

低回転タイプのミキサーを使えば、栄養分が壊れにくいのでいいですが、回転速度が遅いために、スムージーができるまでの時間がかなりかかってしまいます。

また、現実的にどれぐらい栄養素が壊れるかは明確ではありません。

むしろ、大事なのは、グリーンスムージーを作ってから食べるまでの時間の方でしょう。

作ってすぐに飲む方が栄養をしっかり摂れるし、しかも美味しいです。

まとめ

グリーンスムージーを作るミキサーは何を選んでもかまいません。また、繊維質を摂らないならばジューサーでもいいでしょう。

おすすめは、低価格のミキサーです。一人用のものとかが売っているのでこれを使えば手軽にいつでもグリーンスムージーを楽しむことができます。

また、小さいので旅行などに行くときにも持って行けます^^。