食材の適切な量

はじめてグリーンスムージーを作る時、食材の適切な量はどれぐらいなの?

と迷うことがありませんか。

一番効果がある、適量はどれぐらいなんでしょうか?

グリーンスムージーのための野菜や果物の適切な量

グリーンスムージーを作る時に、どれぐらいの野菜と果物を使えばいいのかなって思うことがあるかもしれません。

最初、グリーンスムージーについて何も知らないのであれば、ネットで公開されているレシピや本や雑誌などで紹介されているレシピを参考に作ってみるといいでしょう。

おすすめは、楽天レシピやクックパッドです。無料で利用ができます。

そして、実際によさそうなレシピを選んで作って、飲んでみます。その後に、量を調整しれいけば、自分にとって適切な量がどれぐらいかが、だいたいわかってきます。

材料の量は、素材やその人の食べる量などによって変わってきます。

食いしん坊ならば、ある程度の量がないと満足できないかもしれません。そのような時には、腹持ちがいい材料を選ぶようにするといいでしょう。

値段を考慮したおすすめの食材

自分で作る場合、効果があってしかも費用が安く済む食材を選びたいですよね。

おすすめなのは、ピーマン、小松菜、バナナです。

ピーマンは、、嫌いな人もいるかと思いますが、最近のピーマンはクセがなくて美味しいでおすすめです。

ピーマン

また、小松菜は柔らかくて味がいいのでお年寄りや子供でも食べやすいです。また値段も安いです。

小松菜

そして、バナナ。腹持ちがいいし、値段が安いし一年中あって重宝します。

バナナ

市販のグリーンスムージーと組み合わせて使う

忙しい人におすすめなのが、市販のグリーンスムージーです。

野菜や果物を買ってきたり、切ったりする手間がいりません。忙しい主婦や働いている人には、とても便利です。

また、市販のグリーンスムージーだけで飲んでもいいですが、これにバナナを追加したり、野菜を追加して一手間加えると、味もよくなるしおいしくなります。

それに、美容や健康の効果もアップする?って思いますよ。

まとめ

グリーンスムージーを作る時の食材の量は、最初はわからないと思います。

ですが、同じ食材の組み合わせて、10回ぐらい作ってみればだいたい自分好みの作り方が決まってきます。

楽しみながら自分オリジナルのレシピを作っていくと、ハマると思いますよ。