グリーンスムージーの作り方、野菜と果物の比率について

野菜と果物

グリーンスムージーを作る時に、野菜と果物はどれぐらいの割合で入れるのがいいのか、こういうふうに思ってしまう人がいるようですね。

うーん、割合ってきにしなくてもいいのにねぇ。

あえて言えば、お好きなように・・・ですね。

もし、迷ってしまうなら、「グリーンスムージー レシピ」で検索して選べばいいと思います。

レシピを見て、その通りに作れば迷いはありませんからね。

で、実際に作ってみて味が気に入らないなら、野菜や果物の種類や量を変えてみて、自分好みにすればいいと思います。

ダイエットや便秘解消に最適な野菜と果物の比率とは?

もし、ダイエットをする場合、野菜と果物の比率はどうすればいいのでしょうか。

野菜と果物の比率、カロリーを意識すればいいです。なので、比率は考えなくてOKです。

ただ、美容も考えると、果物もある程度入れた方がいいでしょうし、便秘解消が目的なら、果物ばかりだとNGですね。

ということで、両方ともバランスよく加えるのが、一番無難ですね。

グリーンスムージーに正しい作り方なんてありません

グリーンスムージー作りって別に難しいことはひとつもありません。

なので、本当はレシピなんて見なくてもいいんです。

うちなんて、「あまった野菜を入れればいいだけ」って感じですけどw。

そもそも、グリーンスムージーにしているのは、食べるのは大変だからですから。余った野菜とかを食べるのにもちょっとの量だと料理にするのもかえって面倒なので、ジュースにしてしまえって感じです。

グリーンスムージーは、自由に好きなように作ればいいんです。何も型にはめる必要はないし、何を使えばいいとか悪いとかもほとんどありません。

唯一あるとすれば、「味がまずかったら、それは作らない方がいい」ってことだけでしょうか。

果物がない時にはどうすればいいか?

あまりものでスムージーを作る時に、果物がないってこともあるかと思います。

野菜だけでジュースを作ってもいいけど、ちょっと飲みにくいんですよね。

そんな時にはどうすればいいか?

これは、どんなやり方でもいいのですが、工夫をします。

たとえば、ハチミツを入れるとか。甘いものを入れると飲みやすいです。しかし、砂糖はダメですね。特に白砂糖。入れるなら、天然の黒砂糖とか、甘味料ですね。

必要な材料がない時には、いろいろ考えてアイデアを出して試してみるといいです。

思わぬ美味しいレシピが生まれるかもしれませんよ。

まとめ

グリーンスムージーを作る時の野菜と果物の割合は、好きでいい。

これって当たり前だと思っていたのですが、こういうことがわからない人もいるんですよね。

これって、いわゆるマニュアルがないと不安な人なのかもしれません。

グリーンスムージーに限らずですが、料理って基本を学ぶことは大事です。しかし、基本を学んだらあとは、自分でいろいろ工夫して、自分なりのレシピを作っていけばいいと思います。

なんでもかんでもマネしていたら、自分らしさがないし、それって機械にでもできることです。

それよりも自分でいろいろ考えて料理をしたほうが、よほど楽しいと思います。

グリーンスムージーって、すごく単純です。

野菜+果物+αを入れて、ミキサーのスイッチを入れるだけ。

しかし、野菜と果物とアルファの組み合わせは、無限にありますよね。

こんなに無限にあるのだから、美味しい組み合わせとか、ダイエットに効果がある組み合わせを考えるのは、やりがいがありますよ。

市販のスムージーは、100種類以上の野菜や果物や海のものが入っているものが、あります。

さすがに個人ではここまでやるのは無理?じゃないかと思いますが、こんなに使わなくても、美味しくて栄養もしっかり、しかもカロリーが少ないものだって作れます。

一度、はまるとグリーンスムージー作りって面白いですよ^^。