血糖値

血糖値が上がると血液中の糖分が増えてしまいます。

糖が血管内にあると血管を傷つけてしまい血液の流れが悪くなります。

これが進行することで動脈硬化や糖尿病などを彦起こします。

ですので、血糖値が高い人なら血糖値は正常な値にまで下げることが将来、動脈硬化や糖尿病にならないために大事なことなんです。

今回は、グリーンスムージーを飲むと血糖値に対してどのように作用をするかについて調べてみました。

血糖値を下げるのに不可欠なこと

血糖値を下げるために必要なことは以下の2点です。

1、適度な運動をする
2、食生活の改善をする

これらに共通するのは、カロリー制限です。

食生活の改善で重要なことが糖質制限と食べ方です。

運動をすることで血液中の糖分がエネルギーに変わるために血糖値が下がります。運動はできれば毎日、1時間ぐらいやると効果的です。

おすすめの運動は、ウォーキング、ジョギング、水泳、筋トレなど。

食生活の改善は、まずカロリー制限。食べる量を減らして、腹七分程度に抑えます。

また、和食中心でヘルシーな食事を心がけ、甘い物や糖分が多い炭水化物は少なくします。

食べる時には、野菜や魚などから食べてご飯などの炭水化物を最後にして血糖値の上昇を抑えるようにします。

また、早食いやどか食いはつつしむことで血糖値を上がらないように気を付けるようにします。

グリーンスムージーを飲むと血糖値は下がるのか?

普段の食事にグリーンスムージーを追加しただけだと、血糖値は変わりません。

しかし、最初にグリーンスムージーを飲んでからしばらくして食事をして、トータルで摂取する食事の量を少なくしてカロリー制限ができれば血糖値は改善していきます。

つまり、カロリー制限をすることが血糖値を下げるためのポイントになります。

ですので、グリーンスムージーを飲めば必ず血糖値は下がるということではなく、グリーンスムージーを利用してダイエットをすれば血糖値を下げることが可能だということです。

血糖値を下げるのに効果的なグリーンスムージーとは?

血糖値を下げるのに効果的なグリーンスムージーを作る場合、食材選びが大事です。

血糖値を下げるのによいとされる食材は、

・ゴーヤ
・玉ねぎ
・キャベツ
・オクラ
・ブロッコリー
・ゴボウ
・にんにく
・ほうれん草
・バナナ
・リンゴ
・トマト
・レモン
・シークァーサー
・菊芋
・山芋
・瓜
・etc

中にはグリーンスムージーにすると美味しくない食材もありますが、その場合は食事として摂取するといいでしょうね。

上記の中では、バナナ、リンゴ、トマト、レモン、ブロッコリー、ほうれん草などは、手に入れやすいしグリーンスムージーの食材としては使いやすいです。

まとめ

高い血糖値を放置すると将来、糖尿病をはじめとする命に関わるような病気になるリスクを高めます。

普段から健康診断や人間ドックなどで血糖値をチェックして、高ければすぐに改善するように努めるようにしてください。

特に現在、メタボの人や家族に糖尿病の人がいると、血糖値は上昇しやすいので注意が必要です。