小松菜を使う理由とは?

komatsuna-banana

グリーンスムージーを手作りで作る時、まず

「材料はどれがいいかな?」

って思いますよね。

でも、主婦だったら一番に考えるのはやっぱりコストです。

いくら、美味しくて美容にもいいグリーンスムージーが作れたとしても値段がかかるものは、毎日作れません。

それに、大事なのが味です。

毎日飲みたい場合には、値段が高い材料も使えませんが、まずかったら飲むことが苦痛になります。

そんな中で使いやすい材料の筆頭はやはり小松菜です。

なんといっても値段が安いですよね。

一束でだいたい100円ほど。

それに小松菜って、ほうれん草などち違ってクセがないのです。

だから、子供でも好き嫌いなく食べれます。

果物はやっぱりバナナが定番

では、果物はどうでしょうか。

リンゴ、キューイ、いちご、etc。

いろいろありますが、やはり一番はバナナです。

糖分があるので、グリーンスムージーに入れると美味しく飲めます。

それに値段も安いし一年中あります。

他の果物でもかまいませんが、一番おすすめはバナナです。

小松菜とバナナでグリーンスムージーの作り方

特に難しいことはありません。

基本は、小松菜とバナナを適当に切って、ミキサーやジューサーに入れるだけです。

あと、水分としては水か豆乳か牛乳を入れます。

ダイエット目的ならば、水でもよいですが、豆乳や牛乳の方が美味しくなります。特に子供なら、牛乳の方がいいです。

グリーンスムージーを作ったらすぐに飲む方がいいでしょうね。

味も美味しいですし、酵素もいっぱい摂れますから。

まとめ

小松菜とバナナでグリーンスムージーはコストがかからないのでおすすめです。

ただし、毎日だとさすがに飽きてしまうので、いろいろ材料は変えた方がいいでしょうね。

小松菜以外だとおすすめは、ピーマンです。

ピーマンは嫌いな子供とかも多い野菜ですが、グリーンスムージーにすると、ピーマンの味は全然しません。だから子供でも喜んで飲んでくれます。

ほうれん草もいいですが、味はちょっとまずくなるかもしれません^^;。