ストレス

生きていると何かとストレスが感じることがありますよね。

でも、ストレスを抱えたままだと肌が荒れてしまったり、ニキビが増えたり、病気にかかりやすくなるなど、美容にも健康にもよくありません。

ストレスを感じないようにできるのが一番よいのですが、それは難しいです。

だから、ストレスを感じてもすぐに解消するのがベストです。

今回は、手軽にできるストレスの対処法をご紹介します。

1、身体を動かす

身体を動かすことは手軽にできるストレス解消法です。

ストレスは考え過ぎることで強くなっていきます。身体を動かすと、思考から離れやすくなるため、ストレスを減らすことができます。

最もポピュラーな運動はウォーキング。歩くことは身体を動かしながら視点がどんどん変わっていくので、飽きずに続けることができます。

また、スポーツも効果的です。楽しみながら身体を動かすことができます。また、スポーツをやるなら一人でやるよりも誰かと一緒にやると、より身体を動かすことに集中できるのでおすすめです。

2、ストレッチをする

ストレッチをすることは手軽にできるストレス解消法です。

ストレッチは、身体のこりをほぐすことができて血行が改善して、身体がスッキリします。

ストレッチはどのような方法でも構いませんが、頭、腕、指、足などの伸ばし、可動域を広げるようにします。

ストレスを感じている時は身体がガチガチになっています。だから、ストレッチをすることで、ガチガチが解消され、ストレスも減ります。

3、人と会話をする

人と会話をすることは手軽にできるストレス解消法です。

ストレスがたまったりイライラする時、誰かと電話で話したり、直接あって話しを聞いてもらうと、ストレスが減ります。

人とストレスの元になる自分の思いや考えを共有することで、ストレスを客観的に見ることができるために、ストレスを感じにくくなったり、会話によりストレスを解消する方法に気づけたりします。

また、人と会話ができない場合は、ストレスを感じていることを文字にしたり、声に出して話すことでもストレスが減ります。

なぜこれが効果があるかというと、文章にしたり声に出すことが、ある意味、自分との会話になるからです。

4、お風呂に入る

お風呂に入ることは手軽にできるストレス解消法です。

ストレスを感じている時は交感神経が緊張し続けてしまいます。お風呂に入りゆっくりと身体を温めると、副交感神経が優位になるので緊張がゆるみストレスの解消につながります。

ただし、お風呂の温度は熱すぎないように注意してください。熱いとかえってストレスになります。

また、お風呂の中でアロマを焚いたり、歌を歌うとさらに効果的です。

5、大声を出す

大声を出すことは手軽にできるストレス解消法です。

声を出すことで、自律神経が刺激されて交感神経と副交感神経の切り換えがスムーズになります。

そのため、交感神経優位から副交感神経優位へ切り換わりやすくなり、ストレス解消につながります。

ただ、叫んでもいいし歌を歌ったもかまいません。とにかく思いっきり声を出せばいいんです。

もし、家の中で大声を出せない場合は、人がいない広い場所、車の中、カラオケボックスなどを利用するといいでしょうね。

6、大声で笑う

大声で笑うことは手軽にできるストレス解消法です。

笑っている間、ストレスの元となる考えを忘れることができます。笑う時間が長くなればなるほど、大きな声で笑えば笑うほど、ストレスは減ります。

笑うための方法はどんなものでも構いません。テレビや映画を見て笑ってもいいし、昔のことを思い出して笑ってもいいし、友人とおしゃべりをして笑ってもいいですよ。

7、大声で泣く

大声で笑うことは手軽にできるストレス解消法です。

もちろん声を出さなくても構いませんが、とにかく思いっきり涙が無くなるんじゃないってぐらい泣くと、ストレスが減ります。

泣くことで、交感神経優位から副交感神経優位に変わります。そのために、ストレスがなくなっていきます。また、泣くと脳内麻薬のエンドルフィンが増加し、幸福感が感じられるようになります。

8、瞑想をする

瞑想をすることは手軽にできるストレス解消法です。

瞑想は一種の呼吸法です。ゆっくりと息を吸ったり吐いたりすることを繰り返すと、交感神経優位から副交感神経優位に変わるのでストレスが減ります。

瞑想をする場合は、なるべく静かで明るくない場所の方がおすすめです。

9、よく眠る

よく眠ることは手軽にできるストレス解消法です。

眠ることで、頭の中が整理されてスッキリします。

しかし、ストレスがあるのだから眠れないことも多いと思います。このような時には眠るための工夫をします。

例えば、好きな音楽やリラックスできるをかけたり、アロマを焚いたり、寝具を寝心地がよいものに変えることで、よく眠れるようになります。

また、寝る前に身体を動かすと、疲労するので眠りにつきやすくなります。

10、熱中できることをする

瞑想をすることは手軽にできるストレス解消法です。

ストレス状態の時、ストレスの元となる考えを何度も考えてしまいます。だからストレスがずっと続きます。

熱中できることをすることで、このストレスの元となる考えを考えずに済むために、ストレスが減ります。

まとめ

手軽にできるストレスへの対処法10選はこちら。

1、身体を動かす
2、ストレッチをする
3、人と会話をする
4、お風呂に入る
5、大声を出す
6、大声で笑う
7、大声で泣く
8、瞑想をする
9、よく眠る
10、熱中できることをする

他にもストレスを解消できる方法はいろいろあると思います。

ですので、自分なりにストレス状態になった時のストレス解消法の定番を用意しておくといいでしょうね。

ただし、

・食べたり&飲んだりする
・ショッピングをする
・ギャンブルをする

このようなストレス解消は身の破滅につながる恐れがありますので、やらない方がいいです。

世の中にはストレスを感じやすい人とストレスを感じにくい人がいます。

これはなぜでしょう?

それは、元々ストレスを感じる人は、ストレスを感じるような考え方をしてしまうことが多いし、ストレスを感じにくい人はストレスを感じにくい考え方をしないのです。

ですので、もしストレスを感じたら、

「どのような考えがストレスを感じさせるのか?」

これを突き止めると、その考え方を変えるだけでストレスを感じなくできます。

これに関してはまた別途お話ししますね^^。