食べ過ぎ

普通の人であれば、運動も全くしないでゴロゴロしてたり、夜中に炭水化物を大量にとったり、甘い物を食べ過ぎたら100%太ります。

でも、このような普通の人の中で痩せている人もいれば、太っている人もいますよね。

この差って、何なのでしょうか?

もし、今太っているならこの差がわかれば、痩せることができるはずです。

今回は、痩せている人と太っている人の生活習慣の差について調べました。

1、食欲のコントロールの差

太っている人は、食欲がわくままに食べてます。食べたいと思った時に食べます。

だから、カロリーコントロールなんてまったく意識をしません。

一方、痩せている人は食欲のままには食べません。夜中に食べたくなっても、「夜は太るからやめておこう」と考えて食べないように気を付けます。

また、太ってしまったと思ったら食べる量を控えて摂取カロリーをコントロールします。

食欲のままに食べずに、食べる量をコントロールします。

2、食べ物への関心の差

太っている人は食べ物への関心が高いです。だから、美味しい食事が食べれたり、安くてボリュームが満点なお店などのグルメ情報に詳しいし、そのような情報を知りたいと思っています。

そして、自分で食事を作ることよりも外食で美味しい物を食べるほうが好きです。

痩せている人も食べ物への関心は高いです。ただし、太っている人と違い低カロリーの食品、美容や健康によい食べ物に興味があります。

3、食べるスピードの差

太っている人は、食べる速度が速いです。食事の味をしっかり味わわずに食べます。そのため、一気にたくさん食べることができます。

痩せいる人は食べる速度が速くありません。食事の味をしっかり味わって食べます。だから、大量に食べなくてもしっかり満腹感を感じます。

また、痩せている人はゆっくり食べる方が太りにくくて、健康にもよいことを知っています。

4、食べ物を買う量の差

太っている人は食べ物を貯めておくのが好きです。食べ物の在庫があると、いつでも好きな時に食べれるため安心なのです。そのため、お店で食べ物をたくさん買い込みます。

何よりも特売が好きで、安く買えるチャンスを逃しません。

痩せている人は、必要な量だけ食べ物を買います。ですから、大量に食べ物を買うことは、ありません。また、特売だからといって、たくさん買い過ぎません。

5、脂っこいものや甘い物への好みの差

太っている人は脂っこい食べ物や甘いスイーツなどに目がありません。あっさりした食事だと、食べた気がしないのです。がっつり食べることに至福を感じます。

痩せている人は脂っこいものをあまり食べません。また、甘いスイーツよりも甘さが控えめなスイーツを食べます。大量に食べるのではなく、美味しくて身体によいものを適量食べるように気を付けています。

6、食べる回数の差

太っている人は、食事の回数を気にしません。1日に3回ではなくもっと食べます。また、お腹がいっぱいになっても、自分が好きなものであればさらに食べてしまいます。

痩せている人は、食事の回数や摂る時間を決めていて、基本的に1日に3回しっかり食べて間食はしません。お腹がすいたとしても、それを我慢することができます。

7、見た目へのこだわりの差

太っている人は、自分の外見へのこだわりがありません。太ってしまって服が着れなくなったり、異性にもてないよりも食欲を満足させることを優先します。

痩せている人は、自分の外見を気にします。かわいい服やかっこよく見える服が着れたり、異性に好かれるために、努力を惜しみません。

常に自分の見た目をチェックして少しでも太ったら痩せるためにすぐ行動します。

8、身体を動かすことの差

太っている人は、身体を動かすことが嫌いです。だから、スポーツ観戦が好きだとしても、自分がスポーツをすることに興味がありません。

自分の身体を動かして汗をかくよりも、エアコンが効いた快適な部屋にいて身体を動かさない方が楽だからです。

痩せている人は、身体を動かすことを好みます。スポーツが好きで自分でもやってみたり、友人に遊びに誘われたらすぐに出かけるフットワークのよさがあります。

身体を動かして汗をかくと心地よさを感じ、健康や美容のために定期的に運動する習慣を持っています。

9、将来への関心の差

太っている人は、将来のことをあまり考えていません。今を楽しみたいと思っているから、我慢をするのが嫌いです。太ってしまうことで病気になることへの不安がありません。だから、体重が平均よりもずっと重くても、体脂肪率が高くても気になりません。

痩せている人は、将来のことをしっかり考えています。太ってしまうと病気になる確率が高いことを理解して、太らないように日頃から注意をします。また、太っていると異性からもてなくなることを知っていて、痩せた体型を維持するための努力を怠りません。

10、ストレスの解消法の差

太っている人は、食べることが好きでストレス解消にもなっています。だから、食べないとイライラしたり、気持ちが落ち着きません。食べ物が精神安定剤となっていて、食べないではいられないのです。

痩せている人は、食べること以外でもストレスを解消できます。だから、少しぐらいお腹がすいても我慢ができるし、イライラすることはありません。

まとめ

痩せている人と太っている人の生活習慣の差をまとめるとこちら。

1、食欲のコントロールの差
2、食べ物への関心の差
3、食べるスピードの差
4、食べ物を買う量の差
6、食べる回数の差
7、見た目へのこだわりの差
8、身体を動かすことの差
9、将来への関心の差
10、ストレスの解消法の差

太っている人は心当たりがあるのではないでしょうか?

太っていることで幸せであればそれでいいかもしれません。しかし、太っていることで病気になったり、見た目が悪くなって損をすることもあります。

太っていても、生活習慣を痩せる人の生活習慣に変えれば痩せることは可能です。

ただし、最初からすべてを変えるのは難しいので1つずつできるところから変えていくといいと思います。