風邪

冬本番。寒い日が続いています。

寒くなってくると増えてくるのが風邪です。

風邪を引いてしまうと、熱が高くなったり、くしゃみが出たり、咳が止まらなくなりつらいです。

できれば風邪は引きたくないですが、引いてしまったらできるだけ早く治したいですよね。

ひどい場合は病院に行って薬をもらうことが必要ですが、薬を飲んだらすぐ治るわけではありません。家での対処の仕方により風邪の治りの早さは変わってきます。

今回は、風邪の効果的な治し方についてお伝えします。

1、身体を温める

身体を温めることで、風邪を効果的に治すことができます。

風邪を引いてしまうのは、風邪のウィルスに免疫機能が負けてしまうためです。

その大きな原因が寒さです。寒くなるとどうしても体温が下がってきてしまい、免疫の働きが低下します。

身体の温度を上げれば、免疫の働きを助けられるので結果的に風邪を早く治すことができます。

身体を温めるための具体的な方法ですが

・暖房器具を使い部屋の温度を上げる
・毛布をいつもより多めにかける
・湯たんぽや温湿布などを使う
・厚着をする
・首にタオルを巻く
・顔にタオルをかける
・etc

すべてをやる必要はありませんが複数やればより効果的です。

また、部屋が乾燥するので、加湿器などを使って部屋の湿度も上げるようにするといいいでしょう。

2、水分を補給する

水分を補給することで、風邪を効果的に治すことができます。

風邪を引くとトイレが近くなり身体の中の水分が減ってしまいます。また、熱が上がると汗をかくために身体から水分が失われます。

ですので、できるだけ水分を多く摂るようにします。ただし、冷たい水だと身体の温度が下がってしまうので、できれば白湯や温めたスポーツドリンクなどがいいでしょう。

小さな子供の場合、甘い方が飲みやすいので飲み物にハチミツなどを加えると飲みやすくなります。

3、おかゆを食べる

おかゆを食べることで、風邪を効果的に治すことができます。

風邪を引くと、胃腸の調子も落ちてきます。ですので、通常の食事よりも柔らかくて食べやすくしかも水分がたっぷりのおかゆを食べるといいです。

今なら炊飯器に「おかゆモード」があるのでこれを利用すれば、おかゆを作ったことがない人でも簡単におかゆを作ることができます。

おかゆの味は塩や味噌が基本ですが、味は薄めにしておかゆにシラスや昆布や鰹節や野沢菜、小松菜などを好みに合わせて入れるようにします。

おかゆは柔らかいですが、おかゆを食べる時には、しっかり噛んで食べるようにします。その方が消化しやすいですし、胃腸の負担が減ります。

また当然のことながら、おかゆを食べると共におかゆ以外の食べ物もちゃんと食べることが大事です。栄養補給は風邪を治すのに必要だからです。

4、しっかり寝る

しっかり寝ることで、風邪を効果的に治すことができます。

風邪を引くと熱が出るだけでなく、身体がだるかったり、全身に痛みが生じたりすることがあります。

このような時は、身体をなるべく動かさずに寝るのが一番です。寝ることで、体力の消耗を減らしつつ、体温を上げて風邪ウィルスへの対抗力を上げることができます。

寝る時の環境も大事です。できるだけ静かにして、部屋はなるべく暗くすると寝やすくなります。

5、ストレッチをする

ストレッチをすることで、風邪を効果的に治すことができます。

熱があって身体を動かせない時には無理に動かしてはいけませんが、寝過ぎてしまい身体を全く動かさないでいると、身体が硬くなります。そして、これが腰痛の原因になる場合もあります。

ですので、寝過ぎてしまったら身体を少し動かして血液循環をよくしたほうがいいです。

特に風邪を引いて寝込んでしまった時には、布団の中でもいいので身体を少し動かすようにしましょう。

具体的なストレッチですが、手の指を1本1本伸ばしたり、手首を折り曲げたり、肩を回したり、足の指を曲げたり伸ばしたり、膝を折り曲げたりなど身体が軽くなり心地よくなるようにします。

まとめ

風邪の効果的な治し方5選はこちらになります。

1、身体を温める
2、水分を補給する
3、おかゆを食べる
4、しっかり寝る
5、ストレッチをする

風邪を引いた時に、病院に行ったり薬局で薬を購入して飲む人は多いと思います。

確かに薬の効果はありますが、過信してはいけません。薬は対症療法に過ぎません。原因であるウィルスをやっつけるためには、免疫の力が必要です。

しかし、薬ばかりに頼ってしまうとかえって免疫力が落ちてしまう危険があります。

ですので、薬を飲んだとしてもできるだけ自分の力で治すという気持ちを持つようにしましょう。