痩せたい

痩せたいな~。

多くの人がこう思っています。

痩せるための方法論として、

・3食しっかり食べつつカロリーを落とせば痩せる
・朝食を抜いて、摂取カロリーを落とせば痩せる

このような2つの考え方があります。

どちらが正しいでしょうか?

結局、大事なのはどれぐらい食べるか、どのように食べるか

まず、1日3食でも、1日に2食でもどちらでも痩せます。

痩せるのに大事なポイントの1つが、摂取カロリーがどれぐらいかってことです。

1日に2000キロカロリー食べるとしたら、3食でも2食でもどちらでも同じです。

もう1つのポイントが、どのように食べるか。つまり食べ方です。

よく野菜から食べた方が太りにくいと言われますよね。そして炭水化物は一番あとがいいって。

この理由は、炭水化物を先に食べてしまうと、たくさん食べれてしまい結果的に摂取カロリーが増えてしまうため。もう一つは、野菜を先に食べた方が食べ物の消化がゆっくり進むために、結果的に脂肪として蓄えられにくくなるためです。

また、朝に食べるよりも夜に食べる方が消化がされにくいので太りやすくなります。ですので、1日に2000キロカロリーを食べたとしても、夜にたくさん食べる方が太りやすくなります。

そういう意味では、朝食抜きよりも夕食抜きの方が痩せるのには効果的と言えます。

実際に試してみて決める

今、痩せるために3食を食べるか朝食抜きか、どちらかを選ぼうとしているとします。

どちらがよいかを決めるために、他人の意見を聞くのもいいですが、自分で試してみる方が早いです。

他人と自分では体質も違うだろうし、やり方も異なってきます。ですから、試してみないとどちらがよいかは判断しにくいんです。

また、実際に両方を試してみればどちらが自分に合っているかがわかります。

そして、3食を食べるにしろ、朝食抜きにしろ、続けられないと効果が出ません。試してみれば、続けられるかどうかがわかるのでちょうどいいんです。

朝食抜きは健康によくない?

朝食抜きのダイエットについて、健康にはよくないという人もいます。

確かに、朝食抜きにしてカロリー不足になって倒れてしまうという人もいると思います。

ですが、これって誰にでも当てはまるってことではありません。

1食抜いたからといって普通は特に問題はありません。なぜなら、1食抜いても平気なように身体には栄養が蓄えられているからです。

また、3食ではなく食事の量を4食や5食にしても特に問題はありません。ですが、食べる回数を増やすと、どうしても摂取カロリーは増えてしまうので、基本的には3食以下にしたほうが無難です。

まとめ

3食を食べても朝食を抜いても、痩せることは可能です。

ただし、やりやすいのは3食を食べるほうでしょうね。3食を食べていて2食にするのは、最初はキツいですし、慣れるのに時間がかかりますから。

でも、慣れてしまえば朝食抜きにしても全然大丈夫です。

あと、太る原因は人によって違うので自分が太ってしまう原因を見つけると、対策がしやすくなります。

なので、1日に食べる食事の内容を記録してみるといいです。栄養管理に詳しい人に聞けば、何が原因で太るのがかすぐわかるはずです。

また、歳をとると同じ量を食べていても、太ってしまう傾向があります。ですので、中年以降は意識的に量を減らすようにしたり、運動習慣を身につけることで、中年以降の太り過ぎの予防とダイエットができます。