グリーンスムージーのメリット

メリット&デメリット

海外のセレブ、そして芸能人にもファンが多いグリーンスムージー。

野菜と果物とミキサーやジューサーがあれば簡単にできるので、多くの女性がハマりました。

メリットは、

便秘が解消される
ダイエットができる
美肌になれる
動脈硬化の予防
貧血が改善される
野菜や果物をたくさん摂れる
etc

たくさんのメリットがありますが、最大のメリットは「野菜や果物をたくさん摂れる」ってことです。

元々、野菜や果物はいいって言われています。ですが、そのまま食べるとたくさん食べることができません。しかし、固体から液体にすることで、多種類、多量の野菜や果物を摂れるようになります。

特に、少食で野菜や果物を食べれなかった人や野菜嫌いで野菜をあまり食べてない人には、とてもメリットがありますね。

グリーンスムージーってデメリットがあるの?

グリーンスムージーって、野菜と果物が主な材料です。

なので、「グリーンスムージーって、メリットしかないのでは?」

って思うんじゃないでしょうか。

野菜と果物って、どちらも健康や美容によいという食材ですから、当然、そう考えますよね。

ですが、やはりデメリットはあります。

ジュースにしてしまうことで、咀嚼力が弱まる
身体が冷えやすくなる
胃腸の機能が低下する
etc

グリーンスムージーにすると、液体になります。ですから、歯でかまなくても済みます。すると、歯の噛む力が弱まります。また、歯を使うことで脳機能が活性化されますが、噛まないと、脳の活性化もしなくなります。

ただ、グリーンスムージーを飲むだけでなく、他の食べ物を食べればあまり問題はないと思います。ですが、置き換えダイエットで、グリーンスムージーばかりを飲んでいると、まずいです。

また、これと関係しますが、グリーンスムージーは液体なので、胃腸に入った時に胃腸の消化の負担が軽くなります。これは、一見、胃腸にとってはありがたいように思えます。しかしそうではありません。胃腸は本来、食べ物の消化吸収を担いますが、液体だとその必要がありません。だから、胃腸は働かないのでなまけてしまうんです。すると、胃腸の本来の機能である、消化吸収する力が落ちてしまうんです。

さらに、グリーンスムージーは、たいてい温度が低めです。すると、胃腸に入った時に下痢をしてしまうことがあります。特に冷え性やお腹が弱い人は、グリーンスムージーの飲み過ぎには注意をしたほうがいいですね。

まとめ

グリーンスムージーを飲むことって、決していいことばかりではありません。

大事なのは、自分の体質や身体の状態に合わせて、グリーンスムージーの質や量をコントロールすることです。

「グリーンスムージーを毎日飲まなきゃ」

って思って、一生懸命に作って飲んでも、身体をこわしては元も子もありません。

もし、野菜と果物を毎日しっかり摂っているなら、わざわざグリーンスムージーを摂らなくてもいいですし、野菜不足などでしたら、グリーンスムージーで補えばいいんです。

単にブームに乗ってグリーンスムージーを飲むのではなく、今の自分の健康や美容をさらに向上させるための1つの方法として利用していくといいです^^。