手作りと市販、どちらのグリースムージーがよいのか?

手作り

もし、ダイエットをするためにグリーンスムージーを飲もうとした時に、

「グリーンスムージーは手作りと市販のもので、どちらが効果があるの?」

こう思うかもしれません。

実際に比べてみないとわかりませんが、

比べるのは、

1、カロリー
2、栄養
3、酵素量

です。

でも、これをすべて普通比べるのは無理ですよね。

唯一、カロリーだったらなんとか比べられますね。野菜や果物の量とカロリーは調べるとわかりますから。

ですが、もっと簡単に比べる方法があります。

それは、実際に飲んでみて試すことです。

当たり前と言えば、当たり前なんですが、確実にわかります。

たとえば、比べるのには

1、市販スムージーを1週間試し、体重やサイズを測定
2、手作りスムージーを1週間試し、体重やサイズを測定
3、再び市販スムージーを1週間試し、体重やサイズを測定
4、再び手作りスムージーを1週間試し、体重やサイズを測定

1か月間、このように記録をとれば、どちらが効果があるのか、それともほとんど変わらないのかがわかります。

あと、グリーンスムージーって続けるのが大事なので、飲んだ後に感想などを書いておくといいですね。

たとえば、続けて飲んでも、飽きないとか、飽きてしまうとか、満腹感とか、そういう感想です。

手作りグリーンスムージーと市販のグリーンスムージーを比べるよりも大事なこと

実は、グリーンスムージーは手作りでも市販でもどちらでも、ちゃんとやり方を守れば、ダイエットはできます。

たとえば、手作りスムージーが1食分200kcal、市販スムージーが1食分100kcalだとしますよね。

ダイエットには市販の方がいい。一見、こう思うじゃないですか。

しかし、それは間違ってます。

もし、手作りスムージーがカロリー高ければ、低く抑えるように材料を減らしたり、変えればいいだけです。

つまり、手作りと市販を比べてもあまり意味がないってことです。

大事なのはもっと別の事です。

それは、どちらが続けやすいかってことです。

ダイエットが目的なら、ダイエットという目的を達成するために、どちらのスムージーを飲んだ方が、より成功の確率が高いかが大事です。

もし、どちらがいいかわからないなら、サイコロでもふって決めちゃってもいいと思いますw。

実際に両方を試してみて、自分がいいと思う方を選んでもいいでしょう。

まとめ

グリーンスムージーは手作りと市販、どちらが効果があるのか、この答えは、

「やり方次第なので、どちらも効果があることもあるし、効果がないこともある。なので、どちらが効果があるかは、やり方次第で変わる」

となります。

私なら、両方を飲みます。で、比べてから決めます。

*今はスムージーは手作りですが、青汁も飲んでいるんで両方?でしょうかw。