30代は、まだまだ若いでも無理は禁物

30代

30代がどういう年齢かというと、20代よりも体力や美貌は落ちてきている。でも、まだまだ若さはあるという年代ですね。

ただ、40代になると老化が進みます。なので、30代のうちからアンチエイジングはしたほうがいいです。

30代は、まだ元気ですが、20代ほど無茶なことはできませんw。

30代のためのグリーンスムージーですが、野菜や果物がたっぷり入ったスムージーがおすすめです。

カロリーが多少高くても大丈夫です。なぜなら、20代よりも基礎代謝は落ちていますが、消費カロリーは高いですから。

特に肉などの脂肪がたくさんあるような食事を摂る時には、グリーンスムージーを一緒に摂ると、消化が促進されて脂肪が貯まるのを抑えられます。

30代で、気を付けるべきこと

30代が20代と違うのは、免疫力が落ちてくることです。これは老化なのでしょうがないですね。

免疫力が落ちてくると、出てくるのが、「病気」です。

女性なら、子宮筋腫、子宮がんなどにも気を付けないといけませんし、男性なら仕事が忙しくなるので、疲労からくる腰痛や肩こり、心身症などに注意が必要です。また、この時期に食生活が乱れてくるとメタボもしくはメタボの予備軍になります。

なので、30代になったら生活習慣を健康的なものに変えていくことが大事です。

たとえば、20代のうちは、オールで遊んでいても、30代になったら、日にちが変わらないうちに帰宅するようにする。20代の時には、好きなものを好きなだけたべていたが、30代になったら、食べる量を腹八分にする。

女性であれば、20代では紫外線対策は全くしないが、30代になったら日焼けしないように、服装や紫外線クリームを塗るなどなど。

40代、50代になって後悔しないためにしておくほうがよいこと

30代には30代にしかできないことがあります。もしやっておかないと、40代や50代になって後悔をするかもしれません。

「いくつになっても何でもやれる」

と思うかもしれませんが、そうではありません。

その時にしかできないことがあります。

歳をとると、体力と能力は確実に落ちます。だからこそ、若い時にしか身につかないことは、その時にやるのがいいです。

たとえば、スキルをアップすること。これは、40代や50代でもできますけど、マスターするまでの時間が圧倒的に30代の方が早いです。

だからこそ、早めにはじめたほうがいいです。

そのためには、30代のうちに自分が本当にやりたことを見つけるといいです。20代は何をやりたいか、なかなかわかりません。だからこそ、いろいろ経験するのが20代です。でも、30代は人生の節目の世代です。

仕事、結婚、女性ならば出産するかしないか、など大きな決断をしないといけません。

だからこそ、本当に自分がどうなりたいのか。40代の自分や50代の自分をイメージして、ありかたを決めるんです。

どうありたいかを決めたら、それに向けて突っ走るだけです。まだ30代はパワーがあります。

40代、50代になった時に、30代はいい生き方を選んだと思えるように。

まとめ

30代になると、誰もが20代とは違い身体の衰えを感じ始める時です。

もちろん、まだまだ若いですが、「あれ、白髪が生えてきた」とか、「髪が薄くなってきた」とか「息切れするようになった」とか「シワやしみができた」とか、いろいろな老化を経験します。

これらは、いわゆる未病もしくは未病の前触れのようなものです。

*未病とは、病気ではないが、病気が近い状態

「たいしたことはない」とこれらを無視していると、いずれ病気になってしまいます。

だからこそ、30代は、老化を送らせるためにグリーンスムージーを積極的に摂っていくべきでしょうね。

もちろん、40代、50代になっても続けないといけませんが、グリーンスムージーを摂るのが早ければ早いほど老化防止にはいいです。