歳をとると痩せにくくなる理由

中年太り

誰もが歳をとると経験すること。それは、なんだか痩せにくいってことです。

同じ量の食事なのに、お腹が出てきたとか、いつの間にか二の腕が太くなってしまったとか。

太ってしまう原因はこちら。

1、老化で基礎代謝が落ちてしまった

2、運動不足で筋力が減ってしまった

3、ストレスの増加で代謝が低下した

4、生活習慣の変化で食事の量が増えた

です。

歳をとると、内臓や筋肉、そして脳などあらゆる器官が、老化して代謝が落ちてきます。すると、食事から摂取したエネルギーが余るんです。余ったエネルギーは、将来のために脂肪になって蓄えられるので、太ってしまいます。

また、運動をしなくなると筋力が落ちていきます。すると、筋肉で消費されるエネルギーが減りますから、エネルギーがあまりこれが脂肪になり太ってしまいます。

次にストレス。歳をとると、仕事でも責任が増えたり、家族が増えて経済負担が重荷になったり、両親が歳をとり身体が弱くなったり、いろいろな問題が発生します。すると、大きなストレスがかかります。ストレスがあると、代謝が低下します。これにより、太りやすくなります。

そして、生活習慣の変化。仕事が増え忙しくなってくると睡眠不足になります。すると体内の消化が進まなくなり太りやすくなります。また、女性が結婚して家庭に入ると、行動範囲が狭くなり、家にいることが多くなり、太りやすくなります。

太らないよにするためにどうすればいいか?

歳をとっても痩せている人がいます。

そういう人は、食事の量や質を変えたり、運動を習慣にしています。

つまり、健康や美容のために、ちゃんと努力をしているんです。特に芸能人など人に見られる仕事をしている人は、見えないところでしっかりと食事制限や運動などをしていたりしますね。

これを普通の人もやればいいだけです。

特に効果があるのが、

・炭水化物や糖分を減らした食事を摂る
・筋力アップするスポーツやトレーニング

です。

炭水化物を減らすのに一番いいのは、ご飯とか餅とかラーメンを食べないことです。また、糖分を減らすならお菓子、炭酸飲料などを控えるといいです。

そして、筋力アップ。エネルギー消費する量が多いのは筋肉です。だから、筋力アップすると、太りにくくなります。

筋力がある人は、一見身体がでかく見えるので太って見えることがあるのですが、体重を測ると意外に軽かったり、脂肪率は低いのです。

筋力アップするのに一番効果があるのは、いわゆる筋トレです。ジムでやるのが一番いいですが、自宅でももちろんできます。

今なら、インターネットなどで筋トレのやり方が動画で見れるので、これをみて筋肉を鍛えるといいでしょうね。

また、筋力アップのために、スポーツをするのもいいです。テニス、バトミントン、エアロビ、など。

太ってしまったら、すぐにダイエットをする

太ってしまったことに気づいたら、すぐにダイエットするのがおすすめですね。

放置すると、さらに太ります。太ってしまいそれを放置して20kgダイエットするのと、太ったのに気づいて早めに10kgダイエットするのなら、当然、10kgのほうが楽にダイエットできます。

また、太ることでいろいろ身体にトラブルが起きます。

息切れしやすくなるとか、疲れやすくなるとか、転びやすくなるとか。

また、太ると見た目が悪くなりますよね。女性なら、痩せただけで、きれいに見えるものです。

このように太ることのメリットは、まったくありません。あるとしても、単に好きなものを好きなだけ食べれるということだけですw。

特に歳をとると痩せるのがますます難しくなります。常日頃、体重や脂肪率を測り、太ったらすぐに痩せるようにしたほうがいいです。

まとめ

誰しも若くありたい、健康でありたいって思っています。

ですが、一方で好きなものを好きなだけ食べたいという欲求もあります。

つまり、相反する欲求を持っているってことですね。

だからこそ、自分がどうありたいか。これを自分なりに頭にしっかり描いておくことが大事です。

どうしてもきれいになりたいって思いがあれば、食欲だって抑えらえます。

ですが、きれいになるより好きなものを好きなだけ食べたいと思っていれば、食欲は抑えられません。

どちらを選ぶから、個人の考え方次第です。ただし、結果については自己責任になります。

ただ、幸せな人生を歩みたいなら、健康なほうがいいですし、若い方がいいですよ^^。