食事制限なしで、痩せられるのか

食事

食事制限をするのは、食べることが好きな人にはとてもつらいことです。

できるなら、食べたいだけ食べて、痩せたい。こう思うのではないでしょうか。

では、「食事制限なしで、痩せることは可能なのでしょうか?」。

この答えですが、可能です。ただし、それは条件があります。

摂取カロリー < 消費カロリー

この式が成り立つようならば、必ず痩せます。

つまり、たくさん食べてもいいけど、その分運動しないと痩せないってことですね。

たとえば、相撲の力士。

たくさん食べます。でも、たくさん運動をします。だから、身体はでかいですが体脂肪は少なくて、健康なんです。

お相撲さんほど食べなくても、たくさん食べるスポーツのシンクロナイズドスイミング。選手は、普通の人よりも食べる量が多くて、1日に6000kcalにも達するそうです。でも、練習で消費するカロリーが5000kcalもあるので、太ることはありません。むしろ、練習がきつくて痩せるぐらいでしょうねw。

食事制限なしのダイエットはやめたほうがいい

食事制限なしで、痩せることはできますが、それはやらないほうがいいです。

なぜなら、普通の人だと運動だけで痩せるのは、きついからです。そのため、たぶん続けるのが難しいと思います。

むしろ、食事制限しながら、運動もすることで、比較的楽にダイエットをしたほうがいいです。

ただし、どうしても食事制限せずにダイエットしたいというのなら、チャレンジしてもいいと思います。

痩せるための運動は、有酸素運動それとも無酸素運動?

痩せるために運動をするといっても、運動には2種類あります。

それは、

有酸素運動:酸素を取り入れながら運動(ウォーキングとか、軽い運動など)
無酸素運動:一時的に酸素を取り入れない運動(筋トレ、短距離走など)

痩せるためにいいのは、どちらだと思いますか?

それは、無酸素運動です。

もちろん、有酸素運動でも痩せることはできます。そういう人はたくさんいますよね。

ですが、どちらの運動のほうが痩せやすいかというと無酸素運動です。

その理由ですが、無酸素運動、たとえば筋トレなどをすると、筋肉がすごく増えます。対して、有酸素運動は筋肉の増加は少ないです。

実際にエネルギー消費するのは、ほとんどが筋肉です。そのため、筋トレで筋肉が増えると、基礎代謝も増えエネルギーが効率的に消費されて、痩せやすいのです。

まとめ

ちゃんと必要な分を食べて痩せる。これが一番健康的で続きます。

ですが、食べ過ぎてしまうとか極端に少ない食事にして痩せるのは続きません。結果的にダイエットは失敗をします。

一番大切なことは、自分にあった食事の量と質、消費のバランスを見極めることです。

たとえば、仕事柄よく動き回る人なら、食事をある程度摂っても太りません。ですが、歳をとってくると代謝が減るので、筋トレをして代謝を増やせば食べる量を変えなくても、太ることはありません。

自分の体重や体型の変化をチェックしながら、臨機応変に対応することで、「太らない人」になれます。

たまに、「20代の時からずっと体重と体型が変わらない」という人がいます。

体質的に太らないという人もいますが、ちゃんと自己管理ができている人は、太ることがないので、ダイエットしなくてもいいんです。