グリーンスムージーと酵素ドリンクは似ていますが、どちらがよいのでしょうか?

選ぶ

グリーンスムージーと酵素ドリンクの違い

グリーンスムージーと酵素ドリンクですがどちらも野菜を使った飲み物なので似ています。

その違いはどこにあるのでしょうか。

グリーンスムージーは、いわゆる野菜と果物を使って作った飲み物です。

一方、酵素ドリンクと言われるものは、発酵させることで酵素を意図的に増やした飲み物です。

もちろん、グリースムージーも酵素は当然あります。そもそも酵素は野菜には含まれていますからね。ですが、材料の品質や鮮度により酵素の量は変化しますし、作り方によっても差が出ます。

グリーンスムージーの場合は、酵素を摂取するという目的というよりも、野菜に含まれる食物繊維や果物に含まれるビタミンCを摂取できる飲み物として考えればいいでしょう。

一方、酵素ドリンクは、酵素を摂取するできる飲み物です。また、酵素ドリンクには、野菜や果物なども使われているので食物繊維やビタミンも摂取できますし、中には美容成分が含まれている酵素ドリンクもあります。

グリーンスムージーと酵素ドリンクは、どちらが優れているのか?

何を基準にして優れているかを判断するかによります。

もし、酵素や栄養分が多い方が優れているというなら、酵素ドリンクの方が優れていると言えるでしょう。

これは、販売されている値段からもわかります。

一般的には、酵素ドリンクの方がグリーンスムージーよりも値段は高いです。

また、グリーンスムージーは自分でも作れますが、自宅で酵素ドリンクを作るとしたらただの野菜ジュースと同じになります。なぜなら、発酵させていないので酵素の量や質が市販のものよりは劣っていますし、利用できる材料も自宅で作ると限られてしまうからです。

ただ、グリースムージーが酵素ドリンクよりも優れている点があります。

それは、コストパフォーマンスが高いことです。

グリーンスムージーは手作りするのも簡単ですし、市販のものも比較的安い費用で手に入ります。

例えば、置き換えダイエットが目的ならば、酵素ドリンクではなく、グリーンスムージーの方が手軽です。

一方、胃腸の力が弱いので消化する力を増やしたいという場合は、酵素ドリンクの方がいいです。

自分で酵素ドリンクを作れるのか?

酵素ドリンクを自分で作りたいという人もいるかと思います。

実は、自分でも作れます。

作り方ですが、野菜や果物などを適当な切って、ガラス瓶などに入れます。

そこに砂糖を入れて、放置をすると時間の経過と共に発酵が進みます。

発酵させるための菌は、特に入れなくても大丈夫です。なぜなら、元々、菌が材料には含まれているからです。

ぬか漬けと同じように、毎日手でかき混ぜると発酵が早く進みます。

数週間経過したら、できたものを濾過します。これで、酵素ドリンクができあがあります。

ただ、自分で酵素ドリンクを作るのは、手間暇がかかります。

忙しい人や面倒くさがりな人は、市販の酵素ドリンクを買った方がお手軽です。

まとめ

グリーンスムージーと酵素ドリンクですが、栄養や酵素といった側面から見ると酵素ドリンクの方が勝っています。

ただし、目的によって使い分ければいいので、どちらがいいとは言えないというのが本当のところです。

一般的には

「ダイエットや美容目的なら、グリーンスムージーでも酵素ドリンクでもOK。」

「健康目的なら、酵素ドリンクの方が優れている。」

と考えればよいでしょう。

ただし、これも絶対ではありません。

実際にどちらも試してみて、自分に合った方を選ぶのが一番です。