手作りのグリーンスムージーの材料

グリーンスムージーの材料の基本は、「野菜」、「果物」、「水」です。

野菜は、主に緑黄色野菜がいいです。果物は、特に制限はなくなんでもよいですが、飲みやすくするあめには、糖分が多い野菜の方がおすすめです。水の量は好みに合わせてどのぐらいでもよいです。可能なら水道水よりミネラルウォーターを使った方がよいでしょう。

よく使われる野菜は、

・ほうれん草
・小松菜
・ピーマン
・にんじん
・ゴーヤ
・アボガド
・etc

よく使われる果物は、

・バナナ
・リンゴ
・グレープフルーツ
・レモン
・みかん
・キウイ
・etc

また、水の代わりに豆乳や牛乳が使われることもあります。また甘みを増やすために蜂蜜を加えることがあります。

市販のグリーンスムージーの材料

市販のグリーンスムージーは、手作りよりもたくさんの材料が使われてます。

ある意味、いろいろな材料が入っているので成分に副作用がないか?など心配がありますよね。

例えば、こちらは、グリーン酵素スムージーの成分です。

・水溶性食物繊維
・ブドウ糖
・大麦若葉末
・りんご果汁パウダー
・バナナパウダー
・ほうれん草末
・野菜ミックスパウダー
・抹茶
・コラーゲンペプチド
・グルコマンナン
・豚プラセンタ抽出物
・野草発酵エキス末
・植物発酵物乾燥粉末
・植物発酵エキス
・パン酵母(亜鉛
・マンガン
・銅
・ヨウ素
・セレン
・クロム
・モリブデン含有)
・増粘多糖類
・V.C
・甘味料(アセスルファムK
・スクラロース)
・香料
・V.E
・ナイアシン
・酸味料
・パントテン酸Ca
・V.B1
・乳化剤
・V.B6
・V.B2
・V.A
・葉酸
・V.D
・V.B12

中には見慣れないものもあります。

公にされているものですので、成分として問題はないと思われますが、100%大丈夫かどうかは、調べてみた方がよいです。

グリーンスムージーを子供に飲ませるのは、大丈夫なのか?

グリーンスムージーの材料を見ればわかるように、手作りの場合は材料にさえ気をつければ問題はありません。

では、市販の場合はどうでしょうか。成分が多過ぎるために、調べるのは大変ですが、もし子供に飲ませる場合には、成分をチェックしたほうがいいです。そして、メーカーにも子供に飲ませても問題ないかを問い合わせておくのがよいでしょう。

ただし、できれば市販のものは子供に飲ませない方がよいと思います。なぜなら、本来、市販のグリーンスムージーは、子供用に作られていません。

主に、ダイエットをしたい女性やキレイになりたい女性をターゲットにしています。

入っている成分によっては、子供が摂るのはよくない成分が入っている可能性があります。

まとめ

基本的には、グリーンスムージーは大人でも子供でも飲んでも問題はないと思います。

ですが、子供に野菜を摂らせたいならば、グリーンスムージーでなく市販の野菜ジュースや手作りのグリーンスムージーがおすすめです。

市販のグリーンスムージーは大人用と考えた方がよいでしょうね^^。